空っぽの中身

空っぽで、怠惰で、でも、一生懸命、毎日を過ごしています

現在の職場について(1)

職場が変わったのは、
2021年2月9日です。

どんな職場かというと

大学病院の中央手術室の清掃
7部屋ある手術室は
毎日毎日手術が行われています。

私は
「手術室の清掃」という求人と
自宅から歩いて5分の職場という事で
この求人に応募したのですが、

実際は清掃だけでなく、
「次の手術の準備」も加わります。


毎日だいたい15件ある手術
1日1つの部屋で2つ、もしくは3つの手術がある計算になります。

実際はそうじゃありません。
手術の内容、というよりは時間、によって1日1件の手術の部屋もあれば、1日5件もある部屋もあります。

そして、その手術の手術の間は、
早い場合は15分
遅くても30分後には
次の手術になります。

手術は必ずしも
時間通りに終わるわけでは
ありません。

ほとんどが時間通りですが、
時間より大幅に遅れる場合も有れば
大幅に早く終わる場合もあります。

私たちが一番困るのは
部屋が同時に2部屋
もっと酷いのは3部屋
同時に終わる事です。

先ほども言ったように、
手術と手術と間の時間は15〜30分

いきなり2部屋、
酷い時は3部屋
一度に掃除しなければ
ならなくなります。

ちなみにこの仕事の人数ですが
午前中は2人
午後でも最大人数は5人です。

病院の先生や看護婦さんと同様に
日勤、遅番、夜勤があり、
24時間手術が終われば、
清掃して、
次の手術ができるように準備する

それが私の仕事です