空っぽの中身

空っぽで、怠惰で、でも、一生懸命、毎日を過ごしています

全ては思うままに

Twitterでは、

ジャッジがおかしい

以前のような加点はされなくなっている

といった呟きが見られます。
 
テレビでは、ここから世界選手権に向けて、羽生さんの逆襲が始まるというような、

もしくは

ネイサンの演技が凄かったというような

そんな感じの報道かな


全ては昨年のロステレコムからのような気がします。


あのとき、また右足首を怪我してなければ

もしかしたら状況は違っていたかもしれません。

あの時のショートは、本当にどうしようかと思った。

こんな序盤で

こんな圧倒的な演技が見られるなら、

一体世界選手権はどうなるんだろう

と思ってました。

でも、あのケガが起きて

そこから変わってきた。

ジャンプがささるって、以前の羽生さんの演技で聞くことはなかった気がする。


思うのは、
羽生さんの思う練習が出来ていないのではないかということ

羽生さんの足は、
いつまた同じことを繰り返すかわからない状態で

今回ここまで来れた事が

まず本当にほっとしたことではないかと。

本人はもっと思う存分練習したいだろう

でも、それは怪我を負うリスクが増えるのではないか?

だから、効率の良い練習を模索しているのだと思います。

羽生さんは、
このotonalとoriginが完璧に出来て、
なおかつ4Aが入れられたら、

それが目標ですね。
(曖昧な表現をお許しください)

全ては羽生さんの思うままに。

私はそれが達成できることを祈るのみです