空っぽの中身

空っぽで、怠惰で、でも、一生懸命、毎日を過ごしています

いつも

毎日の生活は2パターン

朝起きてお弁当と朝ごはんを作り、

家族を起こして

家族がそれぞれの場所へ出かけたら

出勤時間までテレビ見たり、中の仕事をしたり

もしくは

朝起きてお弁当と朝ごはんを作り、

家族に声をかけて

早朝のコンビニへ3時間勤務

帰ってきたときには、家族はみんなもういない

遅めの朝ごはんを食べたら、

30分もたたないうちに

次の職場に出かける

帰ってきたら、

また中の仕事をする

終わった頃には、もう夜で

いまいち自分の時間があるようには、思えない

きっとこんな風に感じながら、

毎日を過ごしているのは

私だけではない!…って願ってます。