空っぽの中身

空っぽで、怠惰で、でも、一生懸命、毎日を過ごしています

そしてもうひとつ

次男は何故か昔からキラキラしたものが好きで

小さい頃観に行った映画は「プリキュア」だったなぁ

そんな流れなのかどうかは知らないけど、フィギュアスケートを見ることは多かったです。

チラッとうろ覚えしていた、もんのすごい美しい名前のスケーターの演技を見て

「なんなんこの子⁈」と言い始めました。

あまりにも音とハマったステップ、スピン、ジャンプ

ものすごくカッコいいじゃあないですか

そしてその子か出した得点は「99.84」史上初の100点超えまで、あと少し!!

そんなモノスゴイ点数を出したその子は、頬を自分の手に近づけて、驚いた表情で

オイ、ついさっきまで、あんだけカッコ良かったのに

なに今はそんなかわいい仕草してんのさ

恐ろしいまでのギャップが印象的でした。

今でも尊い、尊すぎる羽生結弦選手です。

ブログやTwitter

ありとあらゆるSNSを知ったのも、羽生結弦選手がきっかけです。

その時結局ブログはやらなかったけど